HOME チベット高原取材の旅から チベットの旅あれこれ アムド・チベット東北部/カム地区・チベット東部/ラサ周辺

チベット高原取材の旅から

チベットの旅あれこれ アムド・チベット東北部/カム地区・チベット東部/ラサ周辺

チベット高原取材の旅で撮りましたスナップの中から、私の大好きな「チベット」をご理解いただけると思うような写真を何点かご紹介いたします。

チベットの道とナンジャバウア峰
チベットの道は急峻な山々を削り取られて造られ、つづら折になっているところが多い。そのつづら道を曲がったところで神々しいナンジャバウア峰が顔を見せてくれた。
巡礼者を乗せたトラック
高原を走っていると、時々巡礼者を乗せたトラックに出会う。彼らは、地方の集落から一族こぞって、こうして高原の道を何日も何日もひた走りに走って巡礼に出る。みんな晴れ晴れとして陽気だ。
遊牧民の子供
遊牧民のテントを遠くから見ると巨大な蜘蛛が地を這っているように見える。大人たちは、放牧に搾乳にと忙しく働く、子供は紐でテントに括り付けられていた。
遊牧民のテントの中
遊牧民のテントの中には一つのパターンがある。中央に神棚が設えられて、釜場がある。その両脇が寝床であり、作業場であり、貯蔵の場がある。これは、搾乳した乳を攪拌して、バターやチーズを造っているところである。
遊牧民の子供
遊牧民のテントを遠くから見ると巨大な蜘蛛が地を這っているように見える。大人たちは、放牧に搾乳にと忙しく働く、子供は紐でテントに括り付けられていた。
遊牧民のテントの中
遊牧民のテントの中には一つのパターンがある。中央に神棚が設えられて、釜場がある。その両脇が寝床であり、作業場であり、貯蔵の場がある。これは、搾乳した乳を攪拌して、バターやチーズを造っているところである。
高原の食事
遊牧民の食事に出会った。彼らは、そこらから石を集めて釜を作り、高原のそこかしこから乾いたヤク牛の糞を集め、水は川から汲んできてたちどころに茶を炊き、その茶を天と地に感謝しささげて食事となる。
遊牧(移牧)民の父と娘
チベット高原をランドクルーザーで走っていたら、たくさんの動物(ヤク牛・羊・ヤギ・馬)を引き連れて移動している牧民に出会った。彼らは夏の遊牧の地から冬の遊牧地・我が家に移動しているところであった。
高原の小坊主たち
高原を走っていたら、忽然と多きなテントを中心にたくさんのテントが並ぶ異様な景色に出会った。テントの中をのぞいてみたら、小坊主たちが自分に小さな声で語りかけてきた。これも彼らの外に向けられた好奇心だろう。
湯に祈る
アムド地方を旅していたら、山から川筋の方々で噴煙を上げている温泉があった。牧民たちがその川筋のそこかしこにたむろして湯治していた。温泉もまた一つの信仰の場所なのだ。源泉に五体投地で祈りをささげる牧民。
小さな活仏(生き仏)
旅の途中、宿屋がないので、一夜の宿を請い寺に泊めてもらった。寺の主はこの聡明な少年だった。少年は、私にだいぶ興味を示し、翌日も寺を案内してくれた。この活物、数千人の信者を擁しその信仰の要となっている。
湖面に姿を映すポダラ宮
チベットの象徴であり最大の建造物である。「ポダラ」とは観音菩薩が住まう地という意味、その化身・歴代ダライラマの住んだところであり、長きに渡って政治宗教の中心地であった。今その主ダライラマはインドに亡命中。
ガンデン・甘丹寺とその僧たち
寺はチベット三大寺院の一つ。1959年以降中国軍の破壊活動を受け壊滅状態に破壊され、3500人も居たとされる僧たちが多大な犠牲を被った。その痛々しさが今に残る。朝の祈祷を終えて出てきた僧たち。
ジョカン・大昭寺
ラサの中心にある最も聖なる寺院。チベット全土からの巡礼者はここで詣でることを夢見ている。その白檀門前は「五体当投地礼」で祈る人々のたえることはない。寺院を取巻く環状路がバルコル・八廓街で祈る人々でいっぱいだ。
タルチョン・祈祷旗はためく巡礼地
巡礼地は無数の祈祷旗が天空にはためき、遊牧民の祈りにささげる並々ならぬエネルギーを感じさせる。人々は、その周りを何度も何度も
風の中の巡礼者
海抜4718メートルに位置するナムツォ・納木錯湖。ダムシュンから5132㍍の峠に達すると眼下にその聖湖が広がる。猛烈に・風の吹く寒い日であったが、それにもめげず、たくさんの巡礼者が湖の周りをコルラしていた。

このページの先頭へ