HOME チベット高原取材の旅から チベットの旅あれこれ ラサから西チベットカイラス へ

チベット高原取材の旅から

チベットの旅あれこれ ラサから西チベットカイラス へ

チベット高原取材の旅で撮りましたスナップの中から、私の大好きな「チベット」をご理解いただけると思うような写真を何点かご紹介いたします。

ラサにて。大昭寺・ジョカン寺に詣でる。地方色豊かなチュバを着た多くの遊牧民が五体投地礼を繰り返し門前でお祈りを捧げていた。
その後ろには灯明室があり、そこに入るとバターの匂いでむせかえる。 
ラサで、お世話になっている、チベットタンカ絵師の第一人者タンバラプテン老師・博士を久しぶりに自宅に訪ねる。
<ランドクルーザーでカイラスを目指す>途中、神秘的なエメラルド色のヤムドク湖を通りかかると多くの羊を屠っていた。近く行われる祭に供されるのだろう・・・。なぜか、一人の男が屠られる羊に水を与えていた。“死に水”なのだろうか・・・。
カロ峠。空は抜けるように紺碧!氷河が足元に迫る。そこに暮らす遊牧民に会う。
牧民と話していたらどこからかヤク牛を引いてかわいい姉妹が目の前に現れる。瞳が深く仲の良い姉妹だった。
これは、ごく最近訪れたカロ峠の風景。足もとまで迫っていた氷河は山裾の上まで後退し、土産物屋が店を並べて客引きをしていた。何という変わりよう!
途中ギャンツエに立ち寄ると白居寺・パンコルチョルテンがある。文革の破壊を免れたこの八層の仏塔には75もの部屋があり多くの仏像や壁画が祀られ、ネパールのネワリ様式を受け継いだ15世紀当時のチベット芸術が保存されている。一見を進める!そして、シガツェへ。
道は果てしなく続く。過去には泣かされる渡河も度々だったが、最近はだいぶ橋も架けられ抜群に時間も節約できるようになった。しかし茫漠とした道は続く。
途中あちこちでヤク牛をつれた遊牧民に出会う。何処から来て何処へ行くのだろう。
遊牧民の眼差しは深い!旅人の心を見透いているようだ!私は完全に虜になる!
途中ティンリ・定日からエベレスト・チョモランマに会いたくてよそ道に入る。 ここは、エベレスト・チョモランマのベースキャンプ。標高5200メートル。
エベレスト・チョモランマ(8850メートル)世界一のお顔を惜しげもなくみせてくれた!!頂上といわず、あちこちから雲が生まれていた!雲出る世界一の峰だ!素直に涙がほほを伝う。
途中、カイラス・カンリンポチェへの巡礼者に出会った。みんな屈託のない笑顔だった。リヤカーには所帯道具が積まれてある。これで何カ月もの巡礼の旅をするのだろう。
ナムナニ峰(標高7694メートル)が遠方に見える。その峠には色とりどりのタルチョン(祈祷旗)がはためく・・・カイラスは近い。
ナムナニ峰の雄姿。雪を覆っている連峰が連なる。ピュアな心になる!
途中峠のチョルテン・仏塔を通りかかる。素晴らしい夕映えが迎えてくれた!へとへとに疲れた道行の身に突然の潤いを与えてくれた。
途中、チウ・ゴンパに立ち寄り宿をとる。
親切なオヤジさんが迎えてくれた!笑顔が何ともいえない!疲れた自分を包みこんでくれた。
<カイラス・カンリンポチェ・須弥山巡礼に向かう>巡礼の通過地点タルボチェ。チベット暦4月満月の日に行われる「サカダワ祭」(お釈迦さまの誕生と悟りと入滅を祝う)に立てられたタルボチェ(地名と同名)にはたくさんのマニ石があり祈祷旗がはためく!
早朝、朝日に照らされたカイラス・神山が目の前に浮かび上がる。なぜか、涙がほほを伝う!巡礼者はテントから出てきて五体投地礼で祈る。何とも静かだ・・・
その静かさは長い間続く・・・。写真を撮るのも一歩ひいてしまう。ごめんなさい。
心臓はドクドクと波打ち、呼吸は激しく酸素を要求する!一人のチベット人ポーターを雇い入れ案内と荷物を背負ってもらう。陽気な男だった。
かわいい巡礼の少女に会う。なんともいえない笑顔をいただいた!何度も何度もモデルとして撮らせていただく。笑顔で振り向き、前に進んでいった。私は追いつけない。残念!
またまた笑顔に出会う。トチャという日焼け止め化粧をした少女だ。
巡礼路でテント生活をしている家族を紹介されて会う。ゆっくり休ませてもらった。
なんと!美人な奥さんだった。温かいバター茶やツァンパをご馳走になった。
カイラス北面。素晴らしい光に包まれる!・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
ディラプク・ゴンパ(5210メートル)に着く。カイラスが神々しく自分の目の前にある!!
ゴンパの僧と記念写真を撮る。神山の裾野でゆっくりと休ませていただく。
聖山カイラス・カンリンポチェ
ツアンパラのグゲ遺跡に足を延ばす。その昔、砦と王宮として作られた砦だ。ここ、人里遠く離れた地まで文革の破壊の手は伸びた。破壊の凄まじさの見本のようだ。今は荒涼としたグランドキャニオンみたい。しかし、わずかに残る壁画は絶品を極める!誠に残念だ。
この遺跡を案内する二人。話すとチベット大学出身というので自分のことを話すと親切に案内してくれた。壁画の写真を撮らせてもらうようにお願いしたらダメという。どうしても許可してくれなかった。自分たちが罰を受けるという。まったく厳しい。
紺碧の空の下破壊されたグゲ遺跡に15世紀の栄華を想う。カイラス巡礼で酸素を摂ろうと呼吸が激しく喉に炎症が残る。マスク姿で遺跡をバックに撮ってもらう。
ピャン・ドゥンカル遺跡のドゥンカルの石窟遺跡群。こちらは11世紀。更に破壊と風化が激しい。何処からかゆっくりと現れた白馬がなお一層1000年前の栄華を想わせる。

このページの先頭へ